脱毛エステでのVIO脱毛、どうやるか?部位別解説

脱毛サロンでのVIO脱毛ってどんな感じでやるのか?ってわかりにくくないですか?
もちろん、他の部位と「サロンに行って受ける」という意味では同じですが、 デリケート部分っていろいろ複雑だし、あそこをどう脱毛するのか?とか、、思いませんか?(笑)
単純にVIOと言っても、ちょっと部位によってやり方っって違うものだし、全部なくすのはイヤとかどの程度まで脱毛できるのか? とか疑問も多いですよね。
私も、形どうするのか?とかいろいろ疑問が多すぎて、なかなかやってみようとはならなくて、長期間迷っていたんですよ。)


というわけで、ここでは、みんながどうやってVIO脱毛しているのかV・I・Oそれぞれ部位別に解説してみますね。
これでちょっとイメージ湧くと思いますので見てください。

Vライン部分
アンダーヘア部分で、前から見たときに、Vとなる前の部分です。(そのままだけど。)
ここは全部脱毛しなくてもいい、形だけ小さくしたいという人が多いですよね。
たまに、全部脱毛したい(いわゆるハイジニーナですね。)っていう人もいますが、ほとんどの人は形を整える感じになると思います。 (海外セレブみたいに、つるつるもあこがれはしますけどね。つるつるにするには回数もかなり多くしないといけないし、完璧にやるのは難しそうっていう面もあります。)

ここで、私が疑問に思ったのは、毛の濃さです。Vラインの毛ってある程度長さもあったりするし、もじゃってなってたりもする。 形を整えるだけで、綺麗に見えるのか?っていう疑問です。(私の場合特に毛深いので気になりました。) 小さくしても、ここだけ濃く残るのってちょっとイヤじゃないですか? それだと理想と違うなーと思ってました。
で、エステで聞いてみたところ、それなら!とあっさり言われたのがこの方法。 「それでしたら、最初の数回は全部剃って、光当てましょう。」 そういう風にするとある程度全体的に毛が減るんだそう。 その後、徐々に形を整えていくのがいいんだそうです。このやり方している人かなり多そうでしたね。 他のエステに言ったときも聞いたので、この方法をおすすめされる人も多いかも。 というわけで疑問が解消。
「VIOの毛が濃い人、全部薄くorなくしたい人はV全体に当てる→その後形へ」
「薄い人は下着からはみ出るラインの部分にのみ当てる」
っていう感じになります。
形については、そこまで厳密にみんなやっていない気がしますが、人気の形もあってこんな雰囲気でと選べますね。
たとえば、逆三角形を小さめに剃っていって剃った部分に当ててもらう感じ。(形は希望の形に剃ればいいです。)
最近はシェービングサービスがあって、好きな形に最初に整えてから光当ててくれるサロンもけっこうあります。



Iライン部分
水着や下着からはみ出るなど一番やっかいなのがここの毛です。
Iライン部分はほとんどなくしてしまう人が多いですね。(ただ粘膜部分にちょっと毛が残ってしまうこともあるかも。粘膜までは当てないサロンも多いので。) お肌に優しいシェーバーなどを使って剃っていき当ててもらいます。 小さい部分なので。剃り方もけっこう簡単ですよ。(顔用の小さいシェーバーがおすすめ。)




Oライン
お尻周りの毛のこと。この部分って普段なかな自分で見ることはないですが、意外と生えています。(これはサロンの人が言ってましたがほとんどあるそうですよ。) ムダ家としても、衛生面を考えても脱毛しておきたい部分ですよね。
なかなかチェックするのは難しいんですけど、鏡で見ることもできます。(広げたり、鏡を合わせたりしてみんないろいろやってますね 笑) この部分については処理が難しいのでほとんど自分ではノータッチだったんですが、脱毛エステに行くならやった方がいいです。 処理も自分でできるところまではやっていきますが、この部分は手伝ってくれるサロンが多いと思いますよ。 (手が届きづらいですもんね。)

というわけで、この部分は基本は全部剃って、光を当てます。けっこう一瞬でおわりますよ。



しかし、VIO脱毛は最初は敷居が高い!
いろいろ考えこんじゃってサロンに行くことができずにいたのですが、脱毛エステはプロで慣れてるので、疑問にはすぐに答えてくれるし、不安からいろいろ聞くと、こうやってやるんですよ~と教えてくれます。 不安な人は剃り方なども聞いちゃいましょう。 行ってみると全然大丈夫でした♪ 初めての人は聞いてみると良いですよ。

このページの先頭へ